高松あさひ法律事務所

駐車場あり ことでん今橋駅より徒歩1分受付時間 平日 9:30~18:00
相談時間 平日 10:00~19:00
(時間外及び土・日・祝も予約頂きますと対応いたします)

087-802-2463

LINE

【交通事故Q&A】損保会社の過失割合の説明は正しいのか?

【交通事故Q&A】損保会社の過失割合の説明は正しいのか?

Q&Aシリーズでは、当事務所が専門とする交通事故、労働災害のご相談を中心に、相談者からのよくあるご質問を取り上げます。

Q:交通事故に遭いましたが、相手保険会社から「私の方の事故の過失が大きい」「私の方の過失が70%である」などと連絡があり、保険対応をしてくれません。納得いかないのですが、諦めるしかないのでしょうか?

A:諦めることはありません。相手保険会社は、あくまで相手本人や自社に有利な主張をしているに過ぎません。ケースによっては、交通事故の専門知識が乏しい依頼者に、意図的に不利な過失割合を押し付けられているような場合も、よく見受けられます。

交通事故に精通した弁護士に相談して、警察での実況見分調書や、双方車両のドライブレコーダー等を取り寄せてもらい、客観的な証拠に基づいて検討すると、相談者の過失はずっと低かった(あるいは過失はなかった)という場合もよくあります。

最近のケースでは、相談者が生死に関わる重症を負っており、事故の過失も乏しいにも関わらず、全く保険対応をされずに、治療費もすべてを自己負担とされていた案件もありました。弁護士が代理人として介入することで、ようやく適正な補償を受けられる目処が立っています。

保険会社から言われると、「専門の保険会社が言うならば、そういうものかな」と思ってしまいます。しかし、まずは交通事故に精通する弁護士に相談いただくことを強くお勧めします。